SNSトラブルに巻き込まれた時の対処方法

誹謗中傷などの迷惑行為に対しての対処法

インターネットはすぐに情報を収集出来るだけでなく、とても速い勢いで拡散できます。
なので、自分の誹謗中傷などの書き込みもすぐに拡散します。
そうなったときの対処方法について説明します。
まずは、書き込みの削除です。
書き込みの削除をする場合、自分では出来ない事が多いです。
誹謗中傷がかかれたサイトの開設者に頼むケース、サーバの管理者に頼むケースがあります。
なるべく早く書き込みを削除してもらえるようにお願いしましょう。
かなりひどい場合は、損害賠償請求が出来ます。
そのためには、書き込みをした人を特定しなければいけません。
IPアドレスを掲示してもらう請求をしたり、発信者情報開示請求をすれば、書き込みをした人を特定出来ます。

インターネット詐欺についての対処法

インターネットを通して、クレジットカードの情報が漏れてしまったり、インターネットバンキングでの不正利用による被害が多発しています。
一番は、クレジットカードなどの大事な個人情報を人に漏らさないようにするのが大事です。
たしかに、インターネットで買い物をするのが便利な時代になっています。
安心できるサイトでの買い物ならば、そのような被害に合う事は少ないですが、あやしいサイトなどで買い物をする場合などは本当に気を付けてください。
インターネットバンキングなどでは、金融機関や各種のサービスからIDやパスワードを尋ねられる事はまずありません。
尋ねてきたり、おかしなメールが来るようであれば、正規の窓口を調べて問い合わせをするのがベストです。
もしも、IDやパスワードを入力してしまった場合は、一刻も早くパスワードなどを変更してください。
消費生活センターや警察などでも相談窓口があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る