ネットリテラシーとは何か

SNSトラブルの種類

そもそも、SNSとは何かご存知ですか。
SNSとは、人同士を繋げるための電子サービスの事を言います。
自分の情報を広げたり、人との出会いを目的としたものを、各会社がサービス提供しています。
例えば、mixiやLINE、Facebookなどがあげられます。
そんな便利なSNSですが、使い方を間違えてしまうとトラブルに発展します。
自分の情報を発信し、それが人から見ると不快だったりするとトラブルになる事があります。
これを、よく聞く炎上と言います。
Facebookでは、色んな人と繋がれるためのSNSではありますが、そのためにかなりの個人情報を入力する事になります。
悪徳業者からすると、かなりの宝庫であると言えます。
自分以外の人が自分になりきる、なりすましであったり、詐欺に巻き込まれるケースもあるようです。
LINEというSNSも、自分の情報が漏洩し、なりすましの被害に合う人が多発しています。

子どものSNSトラブル

子どもたちの間でも、SNSトラブルが起きているのが今の世の中の現状です。
中高生は特に、SNSを多様し、コミュニケーションを図る事を目的とし使用している人が多いです。
その中で多いのが、SNSでのイジメです。
LINEのグループでよくある、無視をするイジメ。
特定の人物だけ、無視をしたり、その人物の裏であらたなグループが組まれていて、どんどんエスカレートしていくというパターンが多発しています。
とても陰湿なイジメがかなり多くなってきています。
そして、Twitterなどで自分が目立ちたいがために、馬鹿な事をした写真を発信し、炎上するというのも多いトラブルの一つです。
これは、している側の本人に罪の意識は何もないことです。
ただ、目立ちたいから、注目を浴びたいから、という目的で犯罪まがいな事を写真で投稿し、炎上してしまう事は日常茶飯事に起きています。
常識をもった範囲でSNSを利用するようにして欲しいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る